いくらの家が買えるのか?

家を買うことで節約になる(2)

妻 「今、SUUMO見てるんだけど、ウチっていくらぐらいの家を買えるのよ?」

私 「えっ?あぁ、だいたい3000万円以下だったら大丈夫でしょ。」

妻 「3000万円。 ほんとに払えるの? 計算した?」

私 「・・。少し、お時間を頂けますか。」


さすがに慎重さに欠けておりました。

そもそも貯金もろくにない私に家を買う実力があるのでしょうか。

頭金0円。いくらの家を買えるのか?

とりあえず、住んでいるアパートの家賃が71,000円なので、家を買って住宅ローンを組んだ際、月々のローン返済額も71,000円に収まるように計算してみました。

条件として、返済期間:35年 ボーナス返済:なし   金利1.5%

借入金額 金利 月々の返済額
2,500万円 1.5% 76,546円
2,300万円 1.5% 70,422円
2,100万円 1.5% 64,298円

※この金利については後日改めて書こうと思います。※

・・なるほど。

しかしさらに、家を買うには諸費用がかかります。

一般的に家購入費の5~10%

この諸費用も借入金額に入れます。

2,300万円の家を購入する場合、

家の価格2,300万円+諸費用(家購入費10%で計算)230万円=2,530万円程度かかります。



己の力を知る

誤)借入金額=家の価格

正)借入金額=家の価格+諸費用-頭金-親の援助

私の場合、頭金も親の援助も0円ですので、

金利1.5%で月70,000円の返済額という条件では、2,200万円の家は買えません。

思ったより厳しい現実。。

結果、家の価格上限は2,100万円となりました。


数日後、今度はオウチーノを見ている妻に

「えっと、上限2,100万円でお願いします!」

と伝えました。

まとめ

家の購入価格上限は”3,000万円以下”から”2,100万円以下”に。
ざっくり900万円減です。

<当初の考えが甘すぎ(汗)>

とはいえ一番避けたいのは、家を買ったはいいけど、払えなくなって手放すことです。

月々の返済額が現在の家賃と比べ、同程度もしくは安くなる。

この条件を満たせれば、頭金0円でも家は買えると思います。

 

妻 「ほとんど検索ヒットしなくなったんだけど?」



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください